会員数250万人以上 ラインナップ数日本1位
日本一のオーディオブック
本の朗読が聴き放題で月額833円
日本一のオーディオブック
本の朗読が聴き放題で月額833円
初回14日間無料で体験

audiobook.jpは会員登録(無料)でお楽しみいただけます。
聴き放題プランはいつでも解約できます。

※日本マーケティングリサーチ機構2022年11月調べ
日本語オーディオブック書籍ラインナップ数調査

聴き放題対象

学生と読書 ――いかに書を読むべきか――(小学館の名作文芸朗読)

出版社 小学館

ナレーター吉水孝宏

再生時間 00:28:13

添付資料 なし

販売開始日 2023/1/10

トラック数 1

購入音源の倍速版 なし(アプリでの倍速再生は可能です)

作品紹介

【小学館の名作文芸朗読】

劇作家である倉田百三による随想。読書の意義が情熱的な筆致で書かれている。全てを合理的に説明する知性主義に警鐘を鳴らし、あくまでも世界は非合理的であることを強調する。人生の目標は、人間を完成させることである。そのためには読書によって教養を積み上げ、宇宙と一致し、神との啓示に到達しなければならない。このように倉田は主張するが、やがて書物で学んだことを一切否定することで人間は完成するという逆説を展開していく。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close