黒田如水

ナレーター茶川亜郎

再生時間 11:28:00

配信日 2014/2/26

図表 なし

分割ファイル数 47 枚

倍速版 あり

作品紹介

NHKの大河ドラマでも大注目の「黒田官兵衛」をテーマにした時代小説が、ついに配信開始!

戦国時代、時代の流れを的確に読み、織田信長や豊臣秀吉にも一目置かれた天才軍師・黒田官兵衛の青年期を描く、
吉川英治の名作歴史小説がオーディオブックになりました。

2014年の大河ドラマでも注目される黒田官兵衛(如水)の若き日々のエピソードをもとに
歴史小説の名手・吉川英治が描き出した人気のストーリーを、ぜひオーディオブックでじっくりとご堪能ください。


播州御着城城主・小寺政職の家老として仕えていた黒田官兵衛は、
中国地方の入り口である播州に迫りくる脅威に対して、小寺家がどのように対処すべきか評議していた。

安芸の地より圧力をかけてくる毛利家につくのがよいか、
それとも中国地方を目指して進んでくるはずの織田家につくかかという議論である。
黒田官兵衛は、時代の趨勢を読み、織田信長の時代がくることを予期していた。

織田家と組むために岐阜へと向かった官兵衛は、羽柴藤吉郎を仲介して織田信長と面会する。
自説を説き、思惑通りに織田信長との同盟を約して帰った官兵衛であったが、
その後、彼に待ち受けていたのは、敵も味方も入り乱れる戦乱と裏切り、そして幽閉の日々であった。
果たして、黒田官兵衛はこの戦乱の世を乗り切ることができるのか――


天才軍師と言われ、天下人にも一目置かれたという黒田官兵衛の若き日々を語る本作品は、
歴史小説の名手・吉川英治の文章に彩られ、官兵衛の心情や行動が非常に生き生きと描かれています。

2014年の大河ドラマをきっかけに、黒田官兵衛に興味を持たれた方、異なる官兵衛像に触れたいと思われた方、
また、吉川英治の名文をじっくりと聴いて味わってみたい方に、
どこか親しく、また新しい官兵衛像を想像させてくれるオーディオブックです。

歴史の中で、今もなお語り継がれる名軍師の策謀と若き日々をじっくりと描き出す、
吉川英治版「黒田官兵衛」の物語を、心にしみる朗読でぜひお楽しみください。

ジャンル

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...