ルポ 貧困大国アメリカ

著者堤未果
ナレーター壹岐充恵

再生時間 05:41:14

出版社 岩波書店

出版日 2008/1/22

配信日 2017/11/17

図表 なし

分割ファイル数 16 枚

倍速版 あり

作品紹介

急激に進む社会の二極化により、貧困層は最貧困層へ、中流の人々も貧困層へ…
追いやられる人々の声を通じて、その現状を明らかにしたベストセラー『ルポ 貧困大国アメリカ』がオーディオブック化。
一部の富者が潤っていく世界構造の中で、それ以外の人が世界に抵抗するための「新しい戦略」を提案する、
今なお「アメリカ」という国を考えるうえで必須の一冊です。

アメリカでは今、「弱者」が食いものにされ、
人間らしく生きるための生存権を奪われた挙句、使い捨てにされている。
日本国憲法第25条でいう、「すべての国民が健康で文化的な最低限の暮らしを営める権利」が
脅かされているのである。

金融機関は、低所得層を狙ってサブプライムローンを押し付け、
貧困層をターゲットにした「貧困ビジネス」の市場を拡大している。

アメリカという国の格差・貧困問題は、決して日本にとっても他人事ではない。
2006年7月に公表された対日経済審査報告書(OECD)のデータによると、
国の格差レベルを表す相対性貧困率ランキングにおいて、日本はアメリカに次いで第2位になっている。

本書が刊行された2008年の状況は、今でもなお、
格差が広がるアメリカという国を理解する上で必須の情報をたくさん与えてくれる。

日本とアメリカの関係を考えるうえでも、私たちはアメリカの現状をしっかりと把握しなくてはならない。