日本最大級のラインナップ
この作品も聴き放題プランで聴ける!

audiobook.jpは会員登録(無料)でお楽しみいただけます。
14日間無料の聴き放題プランは月額¥880(税込)、いつでも解約できます。

初回無料でお試し

audiobook.jpは会員登録(無料)でお楽しみいただけます。
14日間無料の聴き放題プランは月額¥880(税込)、いつでも解約できます。

【朗読】wisの中野孝次(2)-1「清貧の思想(第1巻)」

聴き放題対象

再生時間 02:48:56

出版社 響林社

出版日 2021/12/12

販売開始日 2021/12/27

図表 なし

チャプター数 9

倍速版 なし

作品紹介

『清貧の思想』は、1992年に初版が発行され、ベストセラーとなったが、それは当時の世相を反映したものであった。当時、日本の工業製品が世界を席捲し、多くの日本人が海外渡航をしていた中で、日本及び日本人のあり方に疑問が、中野に対しても呈されたことが契機となったという。そのような物質万能の風潮は一側面に過ぎず、それとは対極の「清貧を尊ぶ思想」こそが、日本文化の精髄なのだということを講演等で話してきたが、それだけでは意が尽くせぬとして、他の仕事を全部放擲して書き続けたという。
 西行、兼好、光悦、芭蕉、池大雅、良寛など、「日本には物作りとか金儲けとか、現世の富貴や栄達を追求する者ばかりでなく、それ以外にひたすら心の世界を重んじる文化の伝統がある。ワーズワースの『低く暮し、高く思う』という詩句のように、現世での生存は能うかぎり簡素にして心を風雅の世界に遊ばせることを、人間としての最も高尚な生き方とする伝統があったのだ。」とする。このような訴えは、現在でも多くの人々の心に響くであろう。
第1巻では、「一 本阿弥光悦と肩衝の茶入れ 心の内なる律を尊ぶ」から、「八 子供と遊ぶ良寛の内なる世界 つきてみよ、ひふみよいむなや」までを収録。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close