【朗読】wisの太宰治05「斜陽(上)」

聴き放題対象
著者太宰治

再生時間 04:05:27

出版社 響林社

出版日 2020/6/10

販売開始日 2020/6/10

図表 なし

チャプター数 23

倍速版 なし

作品紹介

太宰の代表作の一つ『斜陽』は、終戦後、GHQの農地改革によって大地主だった津軽の実家の津島家が没落したことを間近に見て、チェーホフの『桜の園』と同じではないかと感じたことがその執筆のきっかけだと言われている。そして、同じく没落階級の一人だった知人の太田静子が戦後に日記を克明につけていることを知り、その借り受けた日記から構想を得て、昭和22年(1947年)2月から、伊豆三津浜の旅館で書き始められた。
静子の日記をかなり使っており、執筆中に太田静子が太宰の子(後の作家・太田治子)を妊娠したことを告げられたことなどが、作品内容に色濃く投影されている感がある。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...