おくのほそ道 上下巻

ナレーター幸田弘子

再生時間 01:33:30

販売開始日 2017/11/26

図表 1 枚

チャプター数 34

倍速版 なし

作品紹介

元禄二年、陰暦三月二十七日、松尾芭蕉(46)は棲みなれた深川の草庵を捨て、弟子の曾良を伴い、百五十日、二千六百キロの旅にでました。千住から日光、松島、出羽三山、象潟、金沢を経て大垣に至る『おくのほそ道』の旅です。
旅を愛し、旅を棲みかとし、自然と語り続けた芭蕉は、この旅で人生の何を見つめていたのでしょう。
舞台朗読の第一人者、幸田弘子さんが詩情豊かに全文を朗読、『おくのほそ道』の旅が、今よみがえります。※芭蕉足跡マップ付き。

さらに俳諧、芭蕉研究の第一人者早稲田大学名誉教授:堀切 実先生の「音の細道」ミニ講演(約6分)をプレゼントいたします。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...