週刊宮本武蔵アーカイブ(18)

聴き放題対象
ナレーター浅科准平

再生時間 02:20:48

販売開始日 2016/9/2

図表 なし

チャプター数 7

倍速版 あり

聴き放題プランなら、何冊でも定額で聴き放題。
初回30日間は無料です。詳細はこちら 聴き放題で聴く
¥550 税込
会員登録して購入

作品紹介

国民文学作家・吉川英治の代表作『宮本武蔵』の週刊配信を開始!

新聞小説として連載され、かつてないほどの人気を得た吉川英治の「宮本武蔵」を、情緒ある朗読に演出を加えたオーディオブックとしてお届けします。本コンテンツは、ポッドキャスト「週刊宮本武蔵」のアーカイブパッケージ版です。


第75回 牡丹を焚く
座敷にいる時よりも艶やかな姿をした吉野太夫が、武蔵や光悦らの一行を離れの山家に迎え入れた。めいめいが酒に興じたり、うたを詠んだりして楽しむ傍ら、何が面白いのか分からず、律儀にかしこまっていた武蔵。散会の時を迎え、ほっとしていると、吉野に袂をつかまれ、今夜はここへ泊って行くようにとささやかれるのであった……。

第76回 春を病む人
薬を飲み、手当も十分なはずだが、お通の具合は一向に良くならなかった。ここ数日間、ろくに食事も摂っていない。その要因が武蔵にある事は明確であった。彼女を心配した城太郎は、沢庵に武蔵の居場所を尋ねる事にする。だが沢庵の答えは、城太郎の期待に反し、ひどく冷たいものであった。

第77回 伽羅の君
武蔵を捜しに扇屋を訪れた城太郎。だが、門番の男に邪険にあしらわれてしまう。襟首をつかみ、懲らしめようとしてくるので、城太郎は木剣を抜き、男を殴り倒してしまった。急いでその場を離れ、暗闇に身を隠していると、吉野太夫の召使いだという一人の女が現れる。その女は武蔵の居場所を知っていると言うのであった。

第78回 門(1)
決遊郭の外で待ち構える吉岡衆を警戒し、安全な柵から城太郎を逃がす事にした武蔵。彼の足音が遠ざかって消えていくのを確認すると、笠も被らずそのままの身なりで総門を出て行く。ようやく姿を現した武蔵に吉岡方の視線が一斉に集まるが、彼のあまりにも平然な様子にぎょっとし、なかなか引き止める事が出来ずにいた……。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...