週刊 三国志「第2話 董卓の専横」

聴き放題対象
ナレーター浅科准平

再生時間 04:23:26

販売開始日 2013/10/2

図表 なし

チャプター数 15

倍速版 あり

作品紹介

吉川英治の壮大な歴史ロマンを毎週連載してお届けしているポッドキャスト「週刊 三国志」にて
8月・9月に配信した「第2話 董卓の専横」がオーディオブックとして提供開始!


中国四大奇書の一つに数えられる『三国志演義』を元にして
吉川英治が生み出し、世代を問わず多くの熱狂的な読者を生み続ける
不朽のロングセラーとなった長編小説を、音声化してお届けするポッドキャスト「週刊 三国志」。

時は二世紀後半、後漢末期。朝廷は宦官らによって牛耳られ、政治は腐敗しきっていました。
黄巾党による反乱が各地で発生する中、劉備・関羽・張飛の3人は
桃園にて義兄弟の誓いを立て、世を正さんと立ち上がります。

毎週水曜に約30分ずつお届けするポッドキャスト「週刊 三国志」の第2話を、
そのままパッケージ化してお届けします。
気高き血筋の青年・劉備を中心に繰り広げられる物語を、ぜひオーディオブックでお楽しみください。


■「第2話 董卓の専横」あらすじ

黄巾賊の乱が収まったのち、漢の都・洛陽では宮中に異変が起こり、その混乱に乗じて董卓が権勢を握っていた。
彼は横暴の限りを作り、己の気に入らぬものは排除し、民に圧政を強いていた。

その董卓の圧政に対して曹操が反旗を翻し、袁紹を総大将として義軍が立ちあがった。
義軍の先鋒として、江東の虎とよばれた孫堅があたったが、軍内の不和から敗退を喫する。
虎牢関の戦いでは、呂布が猛攻を仕掛け義軍を押しこんでいたが、これを劉備、関羽、張飛の三人がかりで防ぎ、ついに撤退に追い込んだ。

呂布撤退後、勢いに乗った義軍は追撃をかけ、大勝をおさめる。

董卓は自軍の劣勢に意気消沈し、懐刀の李儒に対応を相談する。
李儒が董卓に授けた策は、世間をあっと言わせるものであった。

李儒の言う通り、董卓は長安への遷都を決め、漢の都・洛陽を焼き払ったのである。


長安へ遷都した後も、董卓は権勢を握り、専横な振る舞いを続けた。

民衆の怨嗟の声を聞き、司徒王允は、朝廷の危うさを嘆いていた。
彼の養女、貂蝉はそんな義父の様子を悲しみ、何か役に立てないかと問う。
彼女の覚悟を聞いた王允は、ある計画を実行に移すのであった。

「第1話 桃園の誓い」はこちらから。

※このコンテンツは、吉川英治の名作『三国志』の主要な名場面を朗読した作品です。
 吉川英治の文章をそのまま朗読しておりますが、全文を網羅した朗読ではございませんのでご了承いただけますと幸いです。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close