リニューアルのお知らせ 「FeBe」は「audiobook.jp」として生まれ変わりました 詳しくはこちら

「鏡地獄」 - wisの朗読シリーズ(48)

ナレーター wis

再生時間 00:56:50

出版社 響林社

出版日 2011/8/3

配信日 2011/9/8

図表 なし

分割ファイル数 2 枚

倍速版 なし

¥514 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

彼は、小さい時から、物の姿が映るレンズや鏡に不思議な嗜好を持っていたが、中学に進み、それは凹面鏡への異常な興味へと際立っていった。彼の病的関心は、両親の莫大な遺産を受け継いで以降ますます昂じ、思うがままに異様な実験を繰り返すようになる。
ニキビの先端がザクロのように血が滲みでている様子を拡大してみたり、紙幣の像を中空に浮かばせて遊んだり、種々の鏡やレンズを使って、潰された蚤の断末魔の形相や、部屋いっぱいに蠢く不気味な人の顔などを映し出したり――どれもこれもぞっとするものばかりだった。
彼の異様な実験癖はもはや病的なものとなったが、そんなある日、彼の身に遂に異常が起こる・・・。
(C)wis