「深川の唄/鐘の声」 - wisの朗読シリーズ(40)

ナレーターwis

再生時間 00:52:58

出版社 響林社

出版日 2010/2/2

配信日 2011/3/26

図表 なし

分割ファイル数 3 枚

倍速版 なし

作品紹介

大人気、Wisの朗読シリーズ第40弾は「深川の唄/鐘の声」です。


明治末年、外遊から帰国した直後の短編『深川の唄』。
12月某日、行く当てもなく築地両国行きの市電に乗った。
次第に混んできて、喧騒に満ちる。
新富町を過ぎたところで停電で電車が止まった。
下車した往来で、不揃いの西洋造りや電線、ペンキ塗り広告に憤然とする。
ふと、深川に行こうと思った。
日本を去るまで、深川はあらゆる自分の趣味、恍惚、悲しみ、悦びの感激を満足させてくれた所だった。
自分の心はたちまち10年前の懐かしい昔に立ち返った。
ふと見ると、西の大空一帯には、沈む夕日が生血の滴る如く燃えている。
自分は、いつまでも、暮れゆくこの深川の夕日を浴び、盲人が歌う端唄を聴いていたいと思った。
『鐘の声』は、麻布の古家に響いてくる鐘の音の情緒を描く一編。

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...