【メンテナンスのお知らせ】9月29日(火)の午前2:00~午前4:00の間はご利用できなくなります

宮沢賢治「狼森と笊森、盗森」

ナレーター中山依里子

再生時間 00:26:57

出版社 パンローリング

販売開始日 2011/2/4

図表 なし

チャプター数 1

倍速版 なし

作品紹介

子どもの頃に読んだあのお話を、オーディオブックでもう一度…


宮沢賢治「狼森と笊森、盗森(おいのもりとざるもり、ぬすともり)」のオーディオブック。

小岩井農場の北に、狼森(オイノもり)、笊森(ざるもり)、黒坂森、盗森(ぬすともり)の、 4つの黒い松の森がありました。
どうしてこんなおかしな名前がついているのかを知っているのは自分だけだと、黒坂森の真ん中にある大きな巌(いわ)が、ある日このお話を聞かせてくれました。

ある日、4つの森にまだ名前もなかった頃、近くの野原に百姓たちとその家族がやってきました。
彼らは、その野原に小屋を立て、楽しく幸せに暮らしていました。

しかしそんな折、朝起きてみると、子どもたちが、農具が、そして大事にこしらえた粟(あわ)が、それぞれどこかにいってしまっていたのです。

これは大変だと、みんなはそれぞれ4つの森へ探しに行くことにしました。
そして森には、狼(オイノ)がおり、笊があって、盗(ぬすと)がいたのです…

自然との共生を描く宮沢賢治の心温まるお話です。
都会にすっかり慣れ、自然との接点が失われつつある時代において、自然との関わり方を、オーディオブックで子どもたちに優しく教えてみてはいかがでしょうか。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...