リニューアルのお知らせ 「FeBe」は「audiobook.jp」として生まれ変わりました 詳しくはこちら

「吾輩は猫である(1)」 - wisの朗読シリーズ(31)

著者 夏目漱石
ナレーター wis

再生時間 02:02:12

出版社 響林社

出版日 2010/9/12

配信日 2010/11/26

図表 なし

分割ファイル数 5 枚

倍速版 なし

¥514 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

吾輩は猫である。名前はまだ無い―言わずと知れた夏目漱石の名作にじっくりと耳を傾けましょう。


夏目漱石の代表作『吾輩は猫である』は、苦沙弥先生の家に迷い込んだ猫のユーモアに富んだ独白で語られる。
主人の英語教師の苦沙弥先生は書斎にこもってばかりだが、勤勉とはほど遠い。
涎を垂らして居眠りばかりしている。
見栄っ張りの知ったかぶり。
吾輩が鼠も捕ったことがないが、何でも食う。
正月、食いついた餅が歯に食い込み七転八倒の苦しみを味わった。
やっとのことで餅から逃れた傷心を癒すには、美貌猫の三毛子と話すに限る。
新参者の吾輩にお師匠さんのことを説明する「天璋院様のご祐筆の妹の・・・・」のやりとりは傑作場面のひとつ。 
本編はここまでを収録(「一」「二の中途」まで)。