リニューアルのお知らせ 「FeBe」は「audiobook.jp」として生まれ変わりました 詳しくはこちら

「まぶた」 - wisの朗読シリーズ(32)

著者 小川洋子
ナレーター wis

再生時間 01:12:24

出版社 響林社

出版日 2010/9/12

配信日 2010/11/26

図表 なし

分割ファイル数 4 枚

倍速版 なし

¥514 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

芥川賞作家・小川洋子の短編小説を、美しい朗読でお楽しみください。


15歳の私は、血を流して倒れていたところを介抱したことをきっかけに、中年男性のNと出逢った。
私は島の一軒家だという彼の家に着いて行く。
彼は家でもネクタイとスーツを好んで着る人で、髪は全く乱れることがない。
Nの家にいると感じる奇妙な視線は、病気で瞼を切断されたハムスターのものだった。
昔、プロポーズしたという、バイオリンが上手だった女性のまぶたのように、私のそれが美しく完璧だといい、私に弾けないバイオリンを弾かせ、その女性が戻ってきたかのような錯覚を愉しむのだった。
そうして、私のすべてが彼に委ねられていく。
が、私が帰る桟橋で、Nの状況は暗転する・・・。