海野十三「科学が臍を曲げた話」

ナレーター中山依里子

再生時間 00:17:21

出版社 パンローリング

出版日 2010/2/4

販売開始日 2010/11/20

図表 なし

チャプター数 1

倍速版 なし

作品紹介

日本のSFの始祖・海野十三による、短編科学エッセイです。


日本人がSFを語る上で絶対に外してはいけない作家、海野十三。
数多くのSF作品を執筆し、他にもシャーロック・ホームズをもじった「帆村荘六」シリーズや、丘丘十郎の名で科学小説を執筆したり、蜆貝介、栗戸利休の名で科学解説記事を、京人生の名で漫画、海十斎の号で俳句や川柳を発表している。
また、日本の漫画界にも多くの影響を与えている。

「科学が臍を曲げた話」は、丘丘十郎の名で発表された短編科学エッセイ。
錬金術、電気メス、避雷針…科学史において画期的な発明がなされる時の裏側、当たり前だと思っていた科学に人間がまんまと裏切られる瞬間。
一筋縄ではいかない科学の本質を、分かりやすく面白く解説。

海野十三ならではの洒落た文体が織り成す、不思議な科学の世界へようこそ。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...