リニューアルのお知らせ 「FeBe」は「audiobook.jp」として生まれ変わりました 詳しくはこちら

「特別阿房列車」 - wisの朗読シリーズ(27)

ナレーター wis

再生時間 01:21:29

出版社 響林社

出版日 2010/2/24

配信日 2010/11/13

図表 なし

分割ファイル数 4 枚

倍速版 なし

¥309 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

多くの愛読者を得た「特別阿房列車」シリーズ第一弾!漱石の弟子であり、元祖「鉄ちゃん」の内田百?が手掛けた話題の作品です。


内田百?は、漱石の弟子で軽妙洒脱、ときには毒舌の随筆で知られるが、他方で無類の鉄道好きで、元祖「鉄ちゃん」ともいえる存在。
中でも「阿房列車」シリーズは多くの愛読者を得ている。
この「特別阿房列車」はその第一弾で、終戦からの復興期の昭和26年に書かれ話題をさらった名著である。
 東京から大阪まで「特急はと」の一等に乗りたいがために立てた旅の計画は、旅費を借金した上、無駄遣いをしなくて済むから、と、大阪駅に着いたその足で泊まりもせずに戻ってくるというもの。しかし、旅はなかなか思惑通りにいかないようである。
道連れは、国鉄に務める「ヒマラヤ山系」君。
口数の少ない彼とのとぼけた会話が、また可笑しい。
(C)wis