芥川龍之介 「羅生門」

ナレーター佐々木健

再生時間 00:27:00

出版社 パンローリング

出版日 2010/2/4

販売開始日 2010/10/31

図表 なし

チャプター数 1

倍速版 なし

作品紹介

羅生門の下で雨やみを待つ下人。彼が目にしたのは死人の髪の毛を一本一本抜く老婆の姿・・・芥川龍之介の傑作をお楽しみください。


「羅生門」は『今昔物語集』の「羅城門登上層見死人盗人語第十八」を題材として、
1915年に帝国文学に発表された、芥川龍之介による初期の短編小説。

生きるための悪という人間のエゴイズムについて、自身の解釈を加えて描かれており、
そこには善悪の葛藤、生への執着、生物としての本能、人としての理性が交錯している。


地震、辻風、火事、饑饉と云う災いがつづけて起った京都の洛中、
修理のあてもなく荒れ果てた羅生門には狐狸が棲み、盗人が棲み、
身寄りのない死人が多く棄てられていた。

ある日の暮方、羅生門の下で一人の下人が雨やみを待っていた。
一夜の寝床を求めて門のまわりを見回すと、門の上の楼へ上る、
幅の広い、丹を塗った梯子が眼についた…

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...