リニューアルのお知らせ 「FeBe」は「audiobook.jp」として生まれ変わりました 詳しくはこちら

風の又三郎 - wisの朗読シリーズ(24)

著者 宮沢賢治
ナレーター wis

再生時間 02:08:08

出版社 響林社

出版日 2010/2/24

配信日 2010/5/9

図表 なし

分割ファイル数 6 枚

倍速版 なし

¥514 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

その不思議な転校生は、風のようにやってきた―印象的なフレーズが有名な、宮沢賢治の傑作短編小説をお楽しみください。


「どっどど どどうど どどうど どどう 青いくるみも吹きとばせ すっぱいかりんもふきとばせ・・・」の出だしで有名な作品。
山あいの小さな分教場に変わった風貌の転校生高田三郎が現れた。
風がどうとなる中で現れたのでみんなは彼を、
伝説の風の精”風の又三郎”だと思った。
最初はお互い緊張していたが、やがて打ち解け、
高原の野原で馬追いに興じたり、川で発破漁に遭遇して魚を捕ったりして遊んだ。
喧嘩したり、霧の中で遭難しかかったり、不思議な体験もした。
しかし、又三郎が転校してきてからわずか12日目に、
台風一過とともに、彼はまた転校していってしまった。
――「やっぱりあいづは風の又三郎だっだな」
2010 (C) wis