リニューアルのお知らせ 「FeBe」は「audiobook.jp」として生まれ変わりました 詳しくはこちら

「柳湯の事件」谷崎潤一郎犯罪小説集<1> - wisの朗読シリーズ(17)

ナレーター wis

再生時間 01:12:57

出版社 響林社

出版日 2009/12/11

配信日 2010/2/18

図表 なし

分割ファイル数 4 枚

倍速版 なし

¥514 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

一人の青年の口から吐露される、異常な性癖と凄惨な犯罪の告白・・・谷崎潤一郎の短編を美しい朗読でお楽しみください。


谷崎潤一郎が描く、偏執的かつ官能的な犯罪小説。
ある日、弁護士のS博士の事務所に息せき切って飛び込んできた画家の青年が語る
自分への殺人の嫌疑。
湯屋で殺人を犯すに至る妄想。
何でもヌラヌラしたものを見たり触ることに快感を覚える彼は、
愛人にも、偏執的な愛撫や折檻を繰り返していた。
ところが、彼女から逆に自分が殺されるのではないかという被害妄想にいつしか駆られ、
ある日半死半生になるまで折檻を加えてしまう。
倒れた彼女を置き家を飛び出すが、
ふと通りがかった柳湯の湯船には、得体のしれない、足にヌラヌラと触れる物体が沈んでいた。
それを彼女の死体だと確信するのだが――。
(C) 2009 wis