リニューアルのお知らせ 「FeBe」は「audiobook.jp」として生まれ変わりました 詳しくはこちら

管理者になった人が最初に読む本

著者 門脇竜一
ナレーター 内匠靖明

再生時間 04:54:52

出版社 総合法令出版

出版日 2009/6/18

配信日 2010/1/3

図表 なし

分割ファイル数 12 枚

倍速版 なし

¥1,851 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

始めて部下を持ったけど、どうマネジメント、指導していいのかわからない…そんな悩みにお答えします。管理職のための、入門書です。


管理者としての訓練を受けないまま、ある日突然、
課長や係長、チームリーダーに任命されて、
上司と部下の板ばさみになって苦しむ中間管理職は多いはず…
本書は、新任管理者になった方々に身につけていただきたいマネジメントの知識と基本スキルを
わかりやすく解説しています。
上司が自分に期待することと管理者としての自分の抱負とのギャップ、
および部下のタイプ別対応策など、
筆者の管理者としての実体験や全国の研修先で見聞きした実例をもとに、
管理者が遭遇するさまざまな悩みに、具体的な「傾向と対策」を提示してくれる心強い味方となるでしょう。
※本商品は「管理者になった人が最初に読む本」(総合法令出版刊 門脇竜一著 ISBN:978-4-86280-007-7 1,365円(税込))をオーディオ化したものです。(C)Ryuichi Kadowaki 2007