リニューアルのお知らせ 「FeBe」は「audiobook.jp」として生まれ変わりました 詳しくはこちら

若者はなぜ3年で辞めるのか?

著者 城繁幸
ナレーター 茶川亜郎

再生時間 05:46:51

出版社 光文社

出版日 2006/9/20

配信日 2009/11/10

図表 なし

分割ファイル数 16 枚

倍速版 あり

¥1,296 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

現代の若者が感じる「閉塞感」の正体が今ここで明らかになる。メンタル面のケアを始め、スタッフのモチベーションを保つ仕組みなど、管理職あるいは後輩をもつビジネスパーソンが得ておくべき知識が満載です。


崩壊したと言われて久しい年功序列・終身雇用制度。
いわゆる「昭和的価値観」として古臭い制度だと思われがちですが、
私たちは無意識にその制度を、未だに存在しているものと思い込んではいないで
しょうか。

30代ではいくら貰える、40代ではいくら貰える・・・
とっくの昔に崩壊している年功序列にしたがって将来の昇給・昇格の計算をして、
結局気付いた時には平社員のまま給与は40代で頭打ち。
このような空しい人生を送らないために大切なことは、
「私たちの中に根付いている固定観念の正体を見極めること」にあります。

「固定観念と現実のギャップ」には多くの人がうすうす気づいていますが、
その正体をつかみ自分の人生を考えることの重要性までは理解できているでしょうか。
もしも、信じていた固定観念が、崩壊していたとしたら、
自分の夢を実現するつもりが誰かに奉仕するだけで終わってしまうかもしれません。


本書を読んでその固定観念の正体がわかった時、
今まで通り年齢の軸に従って生きていくのか。
それとも他の道を探すのか。
自分の立ち位置を考えてみてはいかがでしょうか。

今、もし自分自身に違和感を覚えているのならばまず、
本書を参考に自分が本当に求めている生き方を探してみてはいかがでしょうか。