リニューアルのお知らせ 「FeBe」は「audiobook.jp」として生まれ変わりました 詳しくはこちら

今日われ生きてあり - wisの朗読シリーズ(5)

著者 神坂次郎
ナレーター wis

再生時間 01:25:26

出版社 響林社

出版日 2009/8/24

配信日 2009/10/18

図表 なし

分割ファイル数 4 枚

倍速版 なし

¥309 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

あまりにも純粋で無垢な戦争の記録・・・全ての日本人に聴いてほしい一本です。


陸軍最後の特攻基地、知覧―。
美しい開聞岳の姿を心に灼きつけ、沖縄への還らざる壮途についた特攻隊員462名。
出撃機数431機。
この山に、万感の思いで祖国への訣別の挙手の礼を捧げる少年兵もいたという。
32年の歳月を経て、新婚の想い出に買った赤い手帖が、
血と油と海水に染みて奇跡的に戻ってきた新婦の回想(第8話)。
幼い娘とまだ見ぬ愛し子に宛て、今後を託し励ます父の手紙(第11話)。
父母が亡くなり一人残された幼い妹を案じながら出撃していった兄の最後の手紙(第14話)。
祖国を想い、愛しい肉親の姿を胸に、特攻散華した隊員の鎮魂歌・・・。
「今日われ生きてあり」より3篇を抜粋。