会員数250万人以上 ラインナップ数日本1位
日本一のオーディオブック
本の朗読が聴き放題で月額833円
日本一のオーディオブック
本の朗読が聴き放題で月額833円
初回30日間無料で体験

audiobook.jpは会員登録(無料)でお楽しみいただけます。
聴き放題プランはいつでも解約できます。

※日本マーケティングリサーチ機構2022年11月調べ
日本語オーディオブック書籍ラインナップ数調査

聴き放題対象
チケット対象

蒲生鶴千代

出版社 丸竹書房

ナレーター七味春五郎

再生時間 00:22:13

添付資料 なし

販売開始日 2024/2/13

トラック数 3

購入音源の倍速版 なし(アプリでの倍速再生は可能です)

作品紹介

■あらすじ
1940年(昭和15年)10月 『六年生』
 信長、秀吉につかえ、会津藩の基礎を築いた蒲生氏郷の、若き日の活躍を描く。
 作中には、信長も出てまいりますが、本能寺の変では、信長の家族を守護して日野に退いております。もし、山崎の戦いでの光秀の敗死がなかったら、日野における血戦がおこったやもしれません。
 斉藤内蔵助は、今回若き鶴千代を導くわけですが、本能寺の変いこうは大きく運命が分かれるという、この辺りじつにうまい(作中で語られるわけではありませんが)さすがは山本周五郎!

 というわけで、
 お聴きください。


■登場人物
鶴千代……蒲生賢秀の子息で、文学にすぐれた才をみせる。
里村紹巴……高名な連歌師
斉藤内蔵助……後に明智光秀の家臣となる武将。利三。
織田信長……鶴千代の将来に期待し、忠三郎の名を与える。

■用語集
小冠者……元服したばかりの若者
馳駆……チク・駆使すること。走り回ること。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close