会員数250万人以上 ラインナップ数日本1位
日本一のオーディオブック
本の朗読が聴き放題で月額833円
日本一のオーディオブック
本の朗読が聴き放題で月額833円
初回30日間無料で体験

audiobook.jpは会員登録(無料)でお楽しみいただけます。
聴き放題プランはいつでも解約できます。

※日本マーケティングリサーチ機構2022年11月調べ
日本語オーディオブック書籍ラインナップ数調査

聴き放題対象
チケット対象

白魚橋の仇討

出版社 丸竹書房

ナレーター七味春五郎

再生時間 00:31:01

添付資料 なし

販売開始日 2024/2/13

トラック数 6

購入音源の倍速版 なし(アプリでの倍速再生は可能です)

作品紹介

1928年(昭和3年)4月 『日本魂』
 これはかなり初期の作品。文体もまったくちがうので、これはこれで面白かったです。
昭和三年と云えば、周五郎先生は25才。浦安に移り住んだ頃です。肺侵潤の療養も兼ねていたそうです。
 日本魂社には、浦安からの通勤となったようですが、ていじ出勤が難しく、10月には首に。戦前の日本は、簡単にクビにしまくったことで有名だそうですが、周五郎先生も、クビ宣告をくらっております。山本店主からの支援も打ち切り、極貧生活に埋没します。
 日本魂への寄稿は、俵屋宗八の名義で、他に、荘太郎兄弟の悲劇、茅寺由来なども書いたようです。

■登場人物
高木宗兵衛……鈴木能登守の家来で、槍術指南番
お俊……高木の妻
美代……高木の娘
宗太郎……高木の息子
太田与兵衛……勘定方つとめ。高木よりいいつ年長の34才。
もよ……太田の妻
三郎……おおたのせがれ
吾八……太田の下男



■用語集
旬日……ジュンジツ・十日間。十日ほど。
頃日……ケイジツ・このごろ。近ごろ。
憫笑……ビンショウ・あわれみさげすんで笑うこと。
巨細……コサイ・大きい事と小さい事。細大。委細。
ヒポコンデリ……ちょっとした身体の異常を、自分で勝手に判断して気に病む精神病的症状。心気症
と胸……驚いてどきどきする胸。
交誼……コウギ・心が通い合った交際。
横笛……オウテキ
左手……ユンデ
いみじくも……まことによく。適切に。巧みに。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close