鋼馬章伝〈1〉ボナベナの騎士 上

出版社 徳間書店

再生時間 03:44:15

添付資料 なし

出版日 2002/10/1

販売開始日 2022/11/22

トラック数 12

購入音源の倍速版 あり

作品紹介

『鋼馬章伝〈1〉ボナベナの騎士』下巻はこちら

■鋼馬章伝とは

漫画家「安彦良和」によるファンタジー小説シリーズの傑作。
「機動戦士ガンダム」をはじめ数多くの著名アニメ作品で、
キャラクターデザインとアニメーションディレクターを手がけ
「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」では総監督を務めた鬼才の渾身の冒険活劇。

■第1章紹介

鋼馬―それは体内の誰もその力の秘密を識らない力=ヴァリルの壺・ダイナモ動く鉄の獣だ。
十七歳の馬丁スークは、年に一度の市で、気高く、美しい蒼い鋼馬と出会った。
数奇な運命のはじまりだった。念願の愛馬ヴァロを従え、旅に出るスーク。夢、神秘、悪徳、愛、そして友情―。
彼の踏み出した世界には、さまざまな試練を乗り越え、スークはヴァロと共に騎士への道を歩んでいく。
退廃に満ちたボナベナ神聖帝国を生きる、若き英雄「スーク」と不思議な鋼馬「ヴァロ」の物語。
安彦良和ファンタジー小説シリーズ第一弾。

第1章 上巻には、「其の六 アスラ」までを収録しています。

■著者:安彦良和

安彦 良和(やすひこ よしかず、1947年12月9日 - )は、日本の漫画家、アニメーター、キャラクターデザイナー、
アニメ監督、イラストレーター、小説家。 北海道紋別郡遠軽町出身。埼玉県所沢市在住。
遠軽高校、弘前大学を経て、1970年虫プロ養成所に入りアニメーターとなる。
虫プロ経てフリーとなり『宇宙戦艦ヤマト』をなど数多くのアニメ作品に携わるが、中でもキャラクターデザインおよび作画監督を務めた
アニメ『機動戦士ガンダム』は、社会現象ともいえるブームを巻き起こした。
1990年以降、アニメ製作現場を離れて漫画家となり、『ナムジ』『虹色のトロツキー』『王道の狗』など主に歴史ものを描いて数々の賞を受賞。
2001年から2011年まで漫画雑誌『ガンダムエース』に連載した『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』は、累計発行部数1,000万部を超えるヒット作となる。
2015年2月に公開されたアニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』では総監修を務め、約25年ぶりにアニメの現場に復帰した。
2022年6月に公開されたアニメ『機動戦士ガンダム ククルスドアンの島』も大ヒット。

■キャスト
銀河万丈
服部想之介
元吉有希子
吉水孝宏
宇和川恵美

■スタッフ
ディレクター:桜木信也
制作協力:ToySound

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close