会員数200万人以上 ラインナップ数日本1位
日本一のオーディオブック
本の朗読が聴き放題で月額734円
日本一のオーディオブック
本の朗読が聴き放題で月額734円
初回無料でお試し

audiobook.jpは会員登録(無料)でお楽しみいただけます。
聴き放題プランは初回14日間無料、いつでも解約できます。

※日本マーケティングリサーチ機構2021年11月調べ
日本語オーディオブック書籍ラインナップ数調査

聴き放題対象
チケット対象

芥川龍之介と岡本綺堂が見た関東大震災(しみじみ朗読文庫)

出版社 響林社

再生時間 00:44:49

添付資料 なし

出版日 2022/6/12

販売開始日 2022/6/20

トラック数 5

購入音源の倍速版 なし(アプリでの倍速再生は可能です)

作品紹介

大正12年(1923年)9月1日の関東大震災は、作家にとっても強烈な人生体験となった。ここでは、芥川龍之介の「大正十二年九月一日の大震に際して」と、岡本綺堂の「火」に追われて」の2作品を収録。芥川は「この大震を天譴と思へ」という渋沢子爵の考えを肯定しない。「芸術は生活の過剰だ」という世間の味方にも反発する「人間を人間たらしめるものは常に生活の過剰である。僕等は人間たる尊厳の為に生活の過剰を作らなければならぬ。更に又巧みにその過剰を大いなる花束に仕上げねばならぬ。生活に過剰をあらしめるとは生活を豊富にすることである。」と強調する。「大勢人人の中にいつにない親しさの湧わいてゐるのはとにかく美しい景色だつた。僕は永久にあの記憶だけは大事にして置きたいと思つてゐる。」としている。 ※朗読音声は、2022年のAI技術に基づく最新合成音声です(男声)。制作:しみじみ朗読文庫

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close