会員数200万人以上 ラインナップ数日本1位
日本一のオーディオブック
本の朗読が聴き放題で月額625円
日本一のオーディオブック
本の朗読が聴き放題で月額625円
初回無料でお試し

audiobook.jpは会員登録(無料)でお楽しみいただけます。
聴き放題プランは初回14日間無料、いつでも解約できます。

※日本マーケティングリサーチ機構2021年11月調べ
日本語オーディオブック書籍ラインナップ数調査

聴き放題対象
チケット対象

森鴎外 山椒大夫

著者森鴎外

出版社 はぶ出版

ナレーター日下純

再生時間 01:22:43

添付資料 なし

販売開始日 2021/10/29

トラック数 3

購入音源の倍速版 なし(アプリでの倍速再生は可能です)

作品紹介

明治・大正期の文学者、森鴎外の代表的な短篇小説。初出は「中央公論」[1915(大正4)年]。

安寿と厨子王は、父を訪ねる旅の途中で、山岡太夫に誘拐されてしまう。母たちとも離された二人は、山椒大夫に買われて奴婢となるが、姉の安寿は弟を逃がして自らは死を選ぶ。弟、厨子王は後に佐渡に渡り母と再会する。随筆「歴史其儘と歴史離れ」にもあるように史実を重んじる方法から「歴史離れ」を用いることで、人間像を浮かび上がらせている。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close