太宰治「花燭」

聴き放題対象
著者太宰治

再生時間 01:12:58

出版社 響林社

販売開始日 2021/9/13

図表 なし

チャプター数 3

倍速版 なし

作品紹介

太宰治の滋味がにじむ佳作。
地方の富裕な家の出でありながら、帝大を中退して三十過ぎても実家からの仕送りで東京郊外の借家で暮らしている男。自殺未遂を繰り返し、人生の敗残者と自認して過ごす彼のもとには、無為徒食の無頼の人間たちが日夜出入りし、彼は卑下しながらの「接待」に明け暮れている。そんな出入りの男の中に、映画監督の助手の職を得た者がいた。彼に誘われるままに、撮影現場の様子を見に出かけたところ、思いがけない女性と再会した。それから思わぬ方向に話は展開していき、大甘ながらもほのぼのとした結末となる。「黄金風景」「新樹の言葉」と共通する滋味がある一篇。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close