三国志 桃園の巻 吉川英治

聴き放題対象
ナレーター西村俊彦

再生時間 10:16:55

出版社 はぶ出版

販売開始日 2021/6/14

図表 なし

チャプター数 26

倍速版 なし

作品紹介

日本の大衆小説作家吉川英治による歴史小説。新聞連載小説として中外商業新報などで昭和14年から18年までの4年間連載された。戦後に単行本として刊行され、絶大な人気を博した。

【あらすじ】
後漢末の3世紀、世はすでに朝廷の令は届かず、黄巾賊が人々への収奪を繰り返していた。

漢室の裔孫(えいそん)である劉備は、?県楼桑村において母親と生活をともにしながら、「むしろ」を織り、売って暮らしていた。

そんな中、関羽、張飛は劉備の血筋を知り、その人格・識見に親しみ、劉備こそ盟主に万民を救わんとして、義兄弟の契りを交わす。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close