発達障害サバイバルガイド「あたりまえ」がやれない僕らがどうにか生きていくコツ47

著者借金玉
ナレーター真田新三

再生時間 06:25:09

出版社 ダイヤモンド社

出版日 2020/7/30

販売開始日 2021/4/13

図表 2 枚

チャプター数 18

倍速版 あり

作品紹介

★うつ お金 在宅ワーク 休息…発達障害者の困りごとを全網羅!
★あたりまえがやれない僕らのための「世界一意識が低い自己啓発書」
★ADHD当事者が「どん底人生」から手に入れた技術の集大成!

ADHD当事者である著者が、発達障害・グレーゾーンを抱えながらも
どうにか「食っていく」ための生活術を紹介。
「片づけられない」
「マルチタスクが無理」
「不眠がヤバい」
「在宅ワークでサボり癖がある」
「二次障害のうつがつらい」
など、発達障害・グレーゾーンのあらゆる困りごとを全て網羅。
どれも著者自身が34年間の「どん底人生」から試行錯誤の末に
手に入れたメソッドのため「圧倒的解像度」で、悩みが解決します。
イラスト入り、具体的な道具も紹介!
世界一意識が低くて、世界一役立つ決定版の1冊です。

----------「はじめに」より抜粋---------------------
みんながあたりまえにやれていることがうまくやれない。
人生がまるでうまくいかない。
僕は若い頃、漠然とそう感じていました。
いつも部屋の中はめちゃくちゃでした。
出かけようと思っても、アイロンのかかったシャツも
清潔な靴下の一足もなく、かばんの中からは大事な書類がいつも消失しました。
電気やガスはしばしば止まり、住民税の滞納金を何度も払いました。
朝は起きられず、よりは眠れず、いつも何かに追い立てられるような
焦燥感を感じていた気がします。

かつて発達障害と診断されたとき、僕の生活におけるさまざまな問題が
発生する理由について、深く納得できました。
「なるほど、そういうことだったのか!」という感動を今でも覚えています。
しかし、それがわかったところで「問題」は相変わらず存在し続けていました。

今のところ発達障害を「治す」のはあまり現実的ではありません。
となれば、障害を抱えたまま人生をうまくやっていくためのノウハウを
つくり出していく以外に、結局のところ選べる道はないのです。

この本には一人の発達障害者としての僕が、少しでもまともな生活を
手に入れるために重ねてきた工夫を
みなさんと分かち合いたいという気持ちがこめられています。
------------------------------------------------

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close