意味の消失、僕の再生[撫養佑樹 朗読]:『書店であった泣ける話』所収[ファン文庫Tears朗読ブック]

ナレーター撫養佑樹

再生時間 00:19:30

出版社 株式会社マイナビ

出版日 2020/6/10

販売開始日 2020/7/8

図表 なし

チャプター数 1

倍速版 なし

作品紹介

あなたが最後に泣いたのは、いつだったか覚えていますか?本書は日々の生活で疲れているあなたに、一粒の涙を届けるために作られました。本好きの方に強く感情移入していただける、書店内や本にまつわるエピソードです。

ストーリー:高校生の沢村一誠は、転校してきたばかりの学校に馴染めないでいた。彼は一人でSNSの画面を開き、思いつくままの言葉を投稿していた。そんなある時…。
著者 澤ノ倉クナリ/朗読 撫養佑樹/イラスト はしゃ

*『書店であった泣ける話』に収録されています。
*『書店であった泣ける話』全話を収録したフルセット版も発売中。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...