源氏語り五十四帖 第四十二回 椎本

再生時間 01:47:05

販売開始日 2020/5/27

図表 1 枚

チャプター数 16

倍速版 なし

作品紹介

死期の近いのを感じた八宮は、残されることになる二人の姫君たちを心配し、薫に二人のことを託していきました。しかし真面目人間の薫には、姫君の一人の婿になってほしいとまでは言い出せず、娘を委ねたい素振りを見せたのであったのですが、娘たちには、いい加減な男と結婚して宇治を離れてはいけないとだけ言い置いて字治山で発病し、そこで亡くなってしまいます。

※劇場で配布されたオリジナルテキストもPDFで配信しております。サイトもしくはアプリからダウンロードの上ご利用ください。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close