源氏語り五十四帖 第四十回 竹河

再生時間 01:36:47

販売開始日 2020/4/22

図表 1 枚

チャプター数 14

倍速版 なし

作品紹介

関白髭黒が亡くなった後、玉鬘は残された二人の息子と二人の娘を抱え、息子たちの出世や娘たちの処遇に頭を悩ませていました。長女はとりわけ美しかったので入内を勧められていたのですが、玉鬘は若き日の冷泉帝への憧れを思い出して、冷泉院に入内させてしまいます。幸い、院の寵愛は深かったのですが、そのことがかえって、周囲のお妃たちの嫉妬を呼んで長女は苦労の多い宮仕えの生活を送ります。この結婚に不満を抱かれた帝には妹中君を尚侍として替わりにさしあげて、寵愛を獲得します。美しかった姉よりも妹の方が幸せを獲得するなりゆきに、わりきれないものを感ずる娘の母とのすれ違いを、薫の長女への片思いとともに語ります。

※劇場で配布されたオリジナルテキストもPDFで配信しております。サイトもしくはアプリからダウンロードの上ご利用ください。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close