マッチ売りの少女

ナレーター佐々木健

再生時間 00:12:06

出版社 パンローリング

出版日 2008/7/31

販売開始日 2008/9/4

図表 なし

チャプター数 1

倍速版 なし

作品紹介

大晦日の夜に起こった不思議な悲しいお話。


大晦日の夜、お腹をすかせて、寒さでぶるぶる震えるマッチ売りの少女が裸足で歩いていました。少女には家に帰る勇気がありませんでした。なぜなら、マッチが一箱も売れていないので、一枚の銅貨さえ家に持ち帰ることができないからです。お父さんはぜったいホッペをぶつにちがいありません。小さな少女は冷たくなった指をあたためるために、一本のマッチをすりました。マッチの炎はあかあかと燃え、その中にさまざまな幻が見えました。そしてその光の中におばあさんが立っていました。むかしと同じように、おばあさんはおだやかに優しく笑っていました…(C)Pan Rolling

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close