逆説の日本史〈12〉近世暁光編 天下泰平と家康の謎

ナレーターEMMA

再生時間 11:38:09

出版社 小学館

出版日 2008/6/6

販売開始日 2021/9/22

図表 8 枚

チャプター数 29

倍速版 あり

作品紹介

シリーズ280万部突破の歴史ノンフィクション最新刊。

今回は、豊臣政権の崩壊から、
徳川家康が「天下泰平」を構築していくまでを取り上げる。
常に世論を大切にしていた家康は、
自分に対する信頼感を保つためにはいろいろな戦略を駆使した。
その最大のものは「常に安定した組織の上に乗る」ことだった。
いま改めて、家康がもっていた多面性に光を当て直してみると、
今まで見落とされていた面に学ぶべきところが
いくつもあるとして、井沢氏は、
新しいリベラルな徳川家康像を提示し、
その偉大さ、天才性がどこにあったのかについて考察する。

また、「『ケガレと部落差別』を理解しないと
日本社会の歴史は分からない」とし、
現代日本人がクリアしなければならない「課題」も提示する。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close