源氏語り五十四帖 第三十九回 匂宮・紅梅

再生時間 01:33:46

販売開始日 2020/4/8

図表 1 枚

チャプター数 18

倍速版 なし

作品紹介

光源氏亡き後、その子孫には光源氏ほどの輝きを持った方はいらっしゃらなかったと、匂宮の冒頭は語ります。それほど偉大な人物を失った虚脱感は大きかったのです。その後に続く者として、匂宮と薫はそれぞれ人気を集めていますが、匂宮には誠実さが、薫には華が足りません。出生の秘密を抱える薫は女性に積極的になれず、対照的に匂宮は極端に色好みで移り気です。その匂宮が柏木の弟紅梅大納言の宮の御方に惹かれる物語を描いたのが『紅梅』巻です。父大納言は、二番目の姫君の婿に匂宮を迎えたいと思っていました。ところが、匂宮は、話題に登らない北の方のつれ子(蛍宮の娘)宮の御方に惹かれて、このあやにくな恋に夢中になりそうな気配だったのです。

※劇場で配布されたオリジナルテキストもPDFで配信しております。サイトもしくはアプリからダウンロードの上ご利用ください。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close