源氏語り五十四帖 第三十八回 幻

再生時間 01:33:55

販売開始日 2020/3/25

図表 1 枚

チャプター数 16

倍速版 なし

作品紹介

紫上を失った光源氏の動揺はどこまでも鎮まらず、年が明けても、呆然として人との対面もできず、もっぱら女房のみを相手として部屋に籠もり続けました。他の妻たちの存在も慰めにはならず、ひたすら紫上の思い出のみを追いかけて春・夏・秋が過ぎていきます。一周忌を越えても悲しみは癒えないまま、年末を迎えました。御仏名に初めて姿を現した光源氏の容貌はかつてと同じように美しかったのですが、年明けとともに出家しようと、身辺の整理を始めました。

※劇場で配布されたオリジナルテキストもPDFで配信しております。サイトもしくはアプリからダウンロードの上ご利用ください。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close