源氏語り五十四帖 第三十七回 御法

再生時間 01:31:10

販売開始日 2020/3/11

図表 1 枚

チャプター数 16

倍速版 なし

作品紹介

紫上は度重なる発作の後、少しずつ病の回復が遅れ、次第に病がちになっていきました。もはやこれまでと覚悟した紫上は最後の仕事として法華経千部の書写事業を完成させ、その供養を行います。その華やぎの中でひそかに参列者それぞれに別れを告げる紫上でありました。供養が終わると気力を失った紫上は夏の暑さに弱り、ようやく秋を迎えたころ、野分の風に露が消えるように息を引き取ります。光源氏はその亡骸を見つめながら激しく惑乱しました。

※劇場で配布されたオリジナルテキストもPDFで配信しております。サイトもしくはアプリからダウンロードの上ご利用ください。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close