源氏語り五十四帖 第三十六回 夕霧

再生時間 01:54:05

販売開始日 2020/2/19

図表 1 枚

チャプター数 18

倍速版 なし

作品紹介

夕霧の落葉宮への思いはつのるばかりでした。彼女の母一条御息所が病気治療のため、小野の里に移転すると、夕霧は小野まで訪ね、霧に塞がれてしまったことを口実に落葉宮の部屋で一夜を明してしまいます。御息所は心を痛め、この事態を切り開くべく、結婚の承諾の手紙を夕霧に出します。ところが、その手紙は妻雲居雁によって隠されてしまったため、手紙の返事が遅れる中、御息所は夕霧の訪れのないことを恨み、絶望して死に至ってしまったのです。夕霧をうとましいものと思った落葉宮は、ひたすら出家を望みますが周囲の反対で成し遂げられず、夕霧との不本意な結婚の待つ一条宮にいやいや戻らなければなりませんでした。

※劇場で配布されたオリジナルテキストもPDFで配信しております。サイトもしくはアプリからダウンロードの上ご利用ください。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close