源氏語り五十四帖 第十五回 絵合

再生時間 01:37:16

販売開始日 2019/4/10

図表 1 枚

チャプター数 12

倍速版 なし

作品紹介

『絵合』巻は冷泉帝後宮の寵愛争いを、「絵合わせ」という風雅な催しの形を借りて語る巻です。光源氏はかねてよりの計画通り、藤壺の協力を得て前斎宮を入内させました。当初帝の愛は同じ年頃の弘徽殿女御(頭中将の娘)にあり、年の離れた梅壺女御(前斎宮)には遠慮もあったのですが、やがて彼女に絵の才能のあることがわかると、絵の好きな帝は梅壺に入り浸りとなり、焦った頭中将は娘のもとに新作の絵巻を大量に集め、その魅力で帝を取り戻そうとしたのです。光源氏も負けてはいられず、梅壺のもとに多くの絵巻を集めたので、妃の寵愛争いは、絵巻収集競争の態をなして、ついに一堂に集めてその優劣を決しようとするまでに至りました。まず絵合は藤壺の御前で行われましたが、優劣つけがたく、再度決戦が帝と藤壺の御前で行われ、梅壺方の最後に提出された光源氏の須磨絵日記によって、梅壺の勝ちが決まったのです。

※劇場で配布されたオリジナルテキストもPDFで配信しております。サイトもしくはアプリからダウンロードの上ご利用ください。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close