源氏語り五十四帖 第九回 葵

再生時間 01:46:20

配信日 2019/1/9

図表 1 枚

チャプター数 14

倍速版 なし

作品紹介

『葵』巻では、桐壺帝は既に退位して、朱雀帝の御世となっています。政治的に不遇をかこつ光源氏は女性たちとの関係も以前のようにうまくゆかなくなります。とりわけ不満を募らせていたのが六条御息所です。誇り高い御息所は軽く扱われることに傷ついていましたが、特に彼女を傷つけたのが光源氏の正妻葵上との車争いでした。葵祭で屈辱的な扱いを受けた御息所は光源氏の子を身籠もった葵上に取りついて離れないもののけとなっていると噂されました。息子夕霧を出産直後の葵上はもののけによって命を落とし、光源氏によって深く追悼されます。哀悼の長い時間が明けた後、光源氏は若紫の少女と密かに結ばれます。

※劇場で配布されたオリジナルテキストもPDFで配信しております。サイトもしくはアプリからダウンロードの上ご利用ください。

ジャンル

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...