H.ミンツバーグ経営論 第8章「組織設計:流行を追うか、適合性を選ぶか」

ナレーターくわはら利晃

再生時間 01:24:34

出版社 ダイヤモンド社

出版日 2007/1/12

配信日 2008/7/18

図表 なし

分割ファイル数 1 枚

倍速版 あり

作品紹介

欧米でドラッカーと並び称されるミンツバーグ氏の経営思想のエッセンスを網羅。あなたのビジネスバイブルとなる1冊です。


「Calculated Chaos(計算された混沌)」という原題にふさわしく、本書では、これまでに類を見ない、型破りなマネジメント論が展開されている。
ミンツバーグはこれまで、マネジメント論の基本的前提として誰もが疑問視しなかった、数々の「当たり前」に挑戦している。
アメリカ型の経営論ではサイエンスへの比重が多すぎると語り、直感の重要性など、マネジメント理論に新たな視点を提供している。

その第8章にあたる本稿では、優れた組織構造とは「単純構造」「機械的官僚制構造」「プロフェッショナル的官僚制構造」「事業部制構造」「アドホクラシー」という5つの形態に大まかに分類できるとした上で、各形態の解説を行っている。