キャリア決済再開のお知らせ au・docomo・SoftBankのキャリア決済をご利用いただけます 決済方法の登録はこちら

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること

著者 河合 雅司
ナレーター 西村不二人

再生時間 07:05:20

出版社 講談社

出版日 2017/6/14

配信日 2018/6/22

図表 2 枚

分割ファイル数 31 枚

倍速版 あり

¥1,296 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

2035年、首都圏も高齢者が激増!
人口減少、少子高齢化が進む日本の未来を、年代順にわかりやすく示した46万部突破のベストセラー。
日本社会の実態を数々のデータとともに紹介し、課題についての10の処方箋を示します。
これからの日本社会・日本経済を真摯に考えるために必読・必聴の一冊です。

日本が人口減少社会にあることは「常識」。だが、その実態を正確に知る人はどのくらいいるだろうか?
人口減少に関する日々の変化というのは、極めてわずか。ゆえに人々を無関心にする。
だが、それこそがこの問題の真の危機、「静かなる有事」である。

書店には、人口減少・少子高齢社会の課題を論じた書物が数多く並ぶ。
しかし、テーマを絞って論じるにとどまり、
恐るべき日本の未来図を時系列に沿って、かつ体系的に解き明かす書物はこれまでなかった。
それを明確にしておかなければ、講ずべき適切な対策とは何なのかを判断できず、
日本の行く末を変えることは叶わないはずなのに、である。

本書が、その画期的な役目を担おう。
第1部は「人口減少カレンダー」とし、年代順に何が起こるのかを時系列に沿って、かつ体系的に示した。
未来の現実をデータで示した「基礎編」である。
第2部では、第1部で取り上げた問題への対策を「10の処方箋」として提示した。
こちらは、全国の公務員・政策決定者にも向けた「応用編」と言える。

これからの日本社会・日本経済を真摯に考えるうえでの必読書!