ブランドは広告でつくれない 広告vsPR

ナレーター 西村不二人

再生時間 11:04:17

出版社 翔泳社

出版日 2003/2/13

配信日 2018/6/6

図表 2 枚

分割ファイル数 48 枚

倍速版 あり

¥972 税込
¥1,944 → 50%OFF
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

最初にPR、その次に広告。
もう、誰も広告なんて見ていない。まずはPRで信頼を勝ち得よ!

新製品の市場導入時のブランド構築において、広告とPRはどのような役割・機能を果たすのかを整理し、
これからの時代はどこにフォーカスすべきかを解き明かす。
マーケティング戦略を検討するすべてのマーケター、広報、マネジメント層、経営者に贈る一冊。

本書は、新製品の市場導入時のブランド構築に関わる広告とPRの役割と機能-
つまりブランド・コミュニケーションに焦点を絞って書かれたものであり、
広告及びPRの一般論が語られている訳ではない。

著者の意図するところは、ブランド構築にあたっては、
消費者の信頼獲得と購入動機づけが最大要件であって、
この点に関し、広告はさまざまな要因から不適格となっている。

PR(パブリシティ)こそがそれをなし得るコミュニケーション手段なのだ。-というものである。
いまや広告優位の時代は去り、マーケティングは”PR新時代の到来”を迎えたという主張である。