『スヤスヤタイム~新生児寝かしつけホワイトノイズ~』 -耳でみる絵本シリーズより- [対象: 新生児期/乳児期]

著者 佐藤洋平
ナレーター みり

再生時間 00:23:13

出版日 2018/3/16

配信日 2018/3/16

図表 なし

分割ファイル数 1 枚

倍速版 なし

¥100 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

リスニング絵本作家 佐藤洋平 制作
-耳でみる絵本-シリーズから 番外編 『スヤスヤタイム~新生児寝かしつけホワイトノイズ~』。

◎新生児の睡眠コントロールをサポートするホワイトノイズ作品です。

子宮で聴いていた音になるべく近いホワイトノイズは、新生児に鎮静反射(強力な神経反射の働き)を起こさせ、
【泣き止ませ】→【眠りを誘い】→【睡眠の合図】になると言われております。


~ご使⽤に関して~
【赤ちゃんを泣き止ませる場合】
●新生児が泣いている場合、泣き声と同じ程度の大きさで再生します。
●新生児が泣き止んだら、65~70dB(シャワーと同じくらい)に音量を下げ、鎮静反射を維持させます。

【赤ちゃんを寝かしつける場合】
●寝かしつける時刻が近くなったら『スヤスヤタイム』を小さな音量で流し、睡眠を促します。
*生後3、4ヶ月になると鎮静反射は徐々に消えますが、その頃には新生児の頭の中で『ホワイトノイズ』=【睡眠の合図】という図式が出来上がると言われております。


『スヤスヤタイム〜新生児寝かしつけホワイトノイズ〜』では、
心身の不調が改善されると言われている周波数528Hz を織り交ぜた【ショパンのノクターン Op.9-2】が
ホワイトノイズの中で演奏されております。

またスヤスヤタイムのホワイトノイズは、朗読者の「シー」という音声のみで制作されております。

〜ご視聴コメント〜 彩乃(親)雫(子0 歳)
夜、寝かしつけ始めても、目がパッチリしてなかなか寝付かない娘。
スヤスヤタイムを聴かせたらビックリ!
パッチリ開いていた目がすぐに とろーん として、スッと寝てしまいました!
「シー」という音が⼼地良いみたいで、気持ちよさそうにスヤスヤ。
その寝顔がまた可愛い♪

〜ご視聴コメント〜 愛理(親)青吾(子0 歳)
1ヶ月半の赤ちゃん。
お腹もいっぱい、オムツもキレイ!なのに、なぜか泣いちゃう時の特効薬です。
音を聴いてフッと泣き止んだ瞬間を逃がさずに抱っこしてあげると何事もなかったように落ち着いてくれるんです。
夜の就寝時間が安定してきた頃、寝かしつけ時にも聴かせてみたいと思います。

『耳でみる絵本』はクラシックギターとアナウンサーの朗読による音作品です。
クラシックギターは【小さなオーケストラ】と呼ばれる程、様々な表現が可能な創造性豊かな楽器であり、
奏者のニュアンスがそのまま音へと変換されます。
他の楽器では得られない創造性豊かな音像とプロのアナウンサーによる朗読が絡み合うことで、
聴手の頭の中に心の中に自分だけの【絵】を映し出します。
環境音または様々な楽器を重ねた作品では得られない想像力が養われます。

胎児期 新生児期 乳児期 幼児期 児童期 など様々な対象年齢別に制作されている『育耳絵本』として、
子供だけでなく、高齢や障害等により本を読むことが困難な方でも楽しめる作品です。

佐藤洋平(耳でみる絵本 物語/作曲/演奏) https://www.gt-yohei-sato.com/