肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい

ナレーター 伊集院宏

再生時間 04:11:27

出版社 飛鳥新社

出版日 2017/5/18

配信日 2018/2/13

図表 14 枚

分割ファイル数 13 枚

倍速版 あり

¥1,200 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

発売直後から話題沸騰、メディアでも多数紹介!30万部突破の話題作がオーディオブック化。

肺炎は“老化現象”と、あきらめていませんか?
あまり知られていませんが、じつは、「のどの筋肉」を鍛えるだけで、簡単に防げるのです。
1万人を治療した名医が教える、寿命を10年のばす1日5分の「のど体操」を、あなたも試してみませんか?

2011年、「肺炎」は脳疾患(脳こうそくなど)を抜き、日本人の“死亡原因の第3位"になりました。
肺炎で亡くなる人の増加は、いまや社会問題化しているのです。

そして、その肺炎のほとんどは、【のどの老化】による飲み込みミスがきっかけ。
のどは、なんと【40代から衰え始め】ているのだとか!

つまり、よくムセる、せきこむ人は危険信号です。
誤嚥性(ごえんせい)肺炎の予備軍ともいわれているのです。

でも、安心してください。
本書では、1万人を治療した「のど」の名医が、
衰えた「のどの筋肉」に若さをとり戻す「のどの体操」をお教えします!

この方法は、
衰弱死寸前だった患者さんを元気にして寿命を10年のばしたり、
「胃ろう」の患者さんを元気にして胃ろうを抜くことができたり、
実際に効果実証済みの、画期的なトレーニングです。

しかも1日たった5分だけ!!
テレビを観ながらでも、信号待ちの間でも、
いつでもどこでも空いた時間で実践できる簡単なトレーニングばかり。

さあ、みなさん一緒に、「のど体操」で肺炎を防ぎ、寿命を10年のばして、
いつまでも美味しい食事をとれる健康な体をつくりましょう!