キャリア決済再開のお知らせ au・docomo・SoftBankのキャリア決済をご利用いただけます 決済方法の登録はこちら

北方謙三 水滸伝 第6巻 風塵の章(第391回~第478回)

著者 北方謙三

再生時間 13:12:00

出版社 集英社

出版日 2007/3/20

配信日 2018/2/2

図表 なし

分割ファイル数 88 枚

倍速版 なし

¥1,728 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

2011年4月よりKBCラジオで放送されている朗読番組「ミヤリサン製薬プレゼンツ 北方謙三 水滸伝」が、いつでもどこでもお楽しみいただけるようになりました!

この作品の著者、佐賀県唐津市出身の北方謙三さん、語りで福岡県久留米市出身の石橋凌さんと、北部九州を放送エリアとしたKBCラジオがタッグを組んだ本作品は、横尾まりさん、野島裕史さんという実力派声優、壮大なオリジナルテーマ曲も加わり、「北方版水滸伝」に描かれる"漢"たちの生き様を音声化、リスナーの想像力を刺激する独自の世界観を作り出しています。

※ラジオ放送音源を使用しているため、オープニング音声などが収録されています。

<あらすじ>
楊志(ようし)を失った梁山泊(りょうざんぱく)は、その後継者として官の将軍・秦明(しんめい)に目を付けた。秦明を梁山泊に引き入れるため、魯達(ろたつ)は秘策を考え出す。また、蔡京(さいけい)は拡大する梁山泊に危機感を抱き、対策を強化するため青蓮寺(せいれんじ)に聞煥章(ぶんかんしょう)を送り込む。聞煥章は李富(りふ)が恐怖を覚えるほどの才覚を持っていた。聞煥章が最初に試みたのは、宋江(そうこう)の捕縛である。強力な探索網が宋江を追い詰めていく。北方水滸、緊迫の第六巻。