リニューアルのお知らせ 「FeBe」は「audiobook.jp」として生まれ変わりました 詳しくはこちら

財務3表実践活用法 会計でビジネスの全体像をつかむ

著者 國貞克則
ナレーター 海老沢潮

再生時間 04:58:14

出版社 朝日新聞出版

出版日 2012/7/13

配信日 2017/12/28

図表 65 枚

分割ファイル数 15 枚

倍速版 あり

¥648 税込
¥1,296 → 50%OFF
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

累計60万部突破、「財務3表シリーズ」の実践活用法をオーディオブック化!

「企業経営の成績表」としてだけでなく、ビジネスの構造や将来を考える材料としても使える
財務3表を読み解き、活用する方法をお教えします。

会計と財務の入門書としても、戦略立案のための参考書としても活用できます。
ステップアップしたいビジネスパーソン必聴の一冊です。

あなたは、決算書を読むことができますか?
意味は分かっても、どう読み解いて使ったらいいのだろう…と思っている方も多いと思います。

決算書は「企業経営の成績書」といわれます。
しかし実は過去を振り返るだけでなく、ビジネスの構造や将来を考える材料としても有用なものです。

経営者の意思をつかむ、事業再生を考える、予算をコントロールするなど、
企業をより良い状態で経営していくためには、
会計や財務の知識をふまえて行動していくことが求められます。

本書では、会計を通してビジネスの全体を俯瞰する方法を紹介し、
会社の仕組みや世の中のお金の流れについてもわかりやすく解説します。

初めて会計を学ぶという方も、会計とその周辺分野の知識を手早く得ることができる一冊です。

財務3表をあなた自身が読み解き、ビジネスのあらゆる場面で活用することができれば、
あなたの会社の業績アップの方策が見えてくることでしょう。

すべてのビジネスパーソンに必須の知識が身につく一冊を、ぜひご活用ください。