リニューアルのお知らせ 「FeBe」は「audiobook.jp」として生まれ変わりました 詳しくはこちら

笑って、泣いて、考えて。 永六輔の尽きない話

ナレーター 和村康市 茶川亜郎

再生時間 03:02:55

出版社 小学館

出版日 2016/11/14

配信日 2017/12/23

図表 なし

分割ファイル数 10 枚

倍速版 あり

¥1,080 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

200万部超の大ベストセラー『大往生』をはじめ、
テレビやラジオ、作詞など様々な分野で歴史的名作を遺した永六輔と
さだまさしの「最後の対談」がオーディオブックで登場!

永六輔の仰天秘話や人生訓など、本邦初公開のエピソードが満載。
その場に一緒にいるように、二人の話をお楽しみください。

テレビやラジオ、作詞など様々な分野で歴史的名作を遺した永六輔(享年83歳)。
彼が晩年、病気を押して最後の対話相手に選んだのが「さだまさし」だった。

時間を決めず「話し疲れるまで」という条件で続いた対話は、永六輔の好奇心、行動力、人間関係、
仕事の秘密、ヒットの舞台裏、有名事件の真相など、本邦初公開のエピソードが盛り沢山!

〈思わず大爆笑! 〉
●黒柳徹子に「ごめんね」事件
●「歩こおぅおぅおぅ」で坂本九と大げんか
●渥美清は「浮浪児のあんちゃん」
●倉本聰との“気持ち悪い"縁
●タモリが語った二人の共通点
●永六輔じゃなくて井伊直弼?

〈生きるヒントにも! 〉
●酒が飲めないなら「杯をわたる風を飲め」
●「人と人とのターミナル」でありたい
●会話が病気のリハビリになる
●百遍繰り返せばネタになる
●2020年パラリンピックに出たい!
●つらい場面も笑って話そう

「笑ってください。泣いてください。でも、少しだけ何かを考えてみてください」
――永六輔の背中を追い続けているという「さだ」が、
数々の偉業の裏話を余すことなくお伝えいたします!