トカトントン

著者太宰治
ナレーター中島定吉

再生時間 00:50:51

出版社 青空文庫

出版日 2008/4/2

配信日 2007/12/25

図表 なし

チャプター数 1

倍速版 なし

作品紹介

「トカトントン」を合図に無気力になる男・・・ユーモラスな精神描写が光ります


トカトントン、というのは金槌の音です。「何か物事に感激し、奮い立とうとすると、どこからとも無く、幽かに、トカトントンとあの金槌の音が聞えて来て、とたんに私はきょろりとなり、眼前の風景がまるでもう一変してしまって、映写がふっと中絶してあとにはただ純白のスクリンだけが残り、それをまじまじと眺めているような、何ともはかない、ばからしい気持になるのです…」 主人公の青年はその悩みを書簡という形で某作家に打ち明けます。そして最後にその作家は彼に返信をし助言を与えます。幻聴に苦しむ主人公に救いのこたえは与えられるのか? 太宰治の短編小説であり、幻聴に悩まされる男の悲喜劇が描かれています。オーディオブックでどうぞお楽しみください! (C)青空文庫

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...