リニューアルのお知らせ 「FeBe」は「audiobook.jp」として生まれ変わりました 詳しくはこちら

問題解決ラボ――「あったらいいな」をかたちにする「ひらめき」の技術

ナレーター 大谷幸司

再生時間 04:24:02

出版社 ダイヤモンド社

出版日 2015/2/27

配信日 2017/11/30

図表 37 枚

分割ファイル数 14 枚

倍速版 あり

¥1,620 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK)、「ガイアの夜明け」(テレビ東京系列)
「SWITCHインタビュー 達人達」(Eテレ)出演で大反響!

300超の案件を同時進行で解決し続ける問題解決のプロフェッショナルが、
「すでにそこにある答え」に気づくための「正しい問い」の見つけ方を明かします。

本書で新たな視点を手に入れ、人とは違った目線で、今の問題に目を向けてみませんか?

本作品は、「どんな問題もスイスイ解けるようになる」という魔法のような方法論ではありません。
「問題を必ず解決する方法を見つける」のではなく、
「必ず解決できる問題を見つける」方法が紹介されています。

答えを見ながら、それに合う問題を算数ドリルから探すという感じです。
「3」になるための問題を「1+1+1」にするか、「4-1」にするか「6÷2」にするか…。
その中から最もフィットするものを選ぶ感覚です。

これまで問題を上手に解決できずにさんざん頭を抱えてきた人も、
本書で何かしらの改善の糸口を見つけられることでしょう。

ひらめくためには才能がなければならない、というわけではありません。
多くの物事の中から、解決すべき問題を見つけ出し、それに対策を打つという
技術を身につけることが必要なのです。

本書で、本当に重要な問題を見つけ出し、解決の糸口をつかむための
ひらめきの技術を習得し、あなたの仕事で生かしてみませんか?